ozawaの日記

東京在住のへぼプログラマーです。プログラミングと音楽と本と散歩とそれから色々

2017年7月

最後に日記を書いてから1年以上の時間が経過してしまった。

今も僕は高円寺の安アパートに暮らしているが、この1年の間に様々なことがあった。

昔付き合っていた彼女と再会した事。 ヨリを戻そうとしたけど、失敗した事。 突然筋トレを初めてみた事。 突然筋トレに飽きた事。 今、付き合っている女の子と出会った事。 仕事を辞めてフリーランスになった事。 フリーランスになって3カ月足らずで、実力不足で契約解除になった事。

辛い事もあれば、それなりに楽しい事もあった。 面白い友達にも出会えたし、美味しいお酒も飲んだ。

今年の2月に、ふと、本気で自分のやりたい事は何か考えてみたところ、「インド、ネパール、中央アジア方面に長期で旅行に行く」以外にやりたい事が何も無い事に気付いた。 凄腕のエンジニアになって、世の中に一石を投じるようなサービスを作りたい、だとか、 金持ちになって、いい服を着たい、だとか、 働きながら趣味を真剣に楽しみたい、だとか、 そういった一般的な欲望をうまく持つ事ができないことに気付いた。 今年で僕も30歳になるし、恋人もいる。なるべく早いうちにやりたい事はやっておきたいと思い、来年の4月には絶対に出発しようと、期限を決めた。 つまり、1年余りの短期間のうちに、それなりの旅行資金を稼ぐ必要性が発生してしまった。

そこで、フリーランスの市場価格が高騰している事に目をつけ、仕事をやめてフリーランスになった。 前職ではモダンなJSでWebサービスの開発をやっており、そこらへんの人材が相当不足していることもあり、おかげさまで複数社から、エンジニア歴2年の人間としては、かなり高額のオファーをいただき、その中で一番有名な会社に参画することとなった。

しかし、実力不足により7月末で契約解除になることを、先月知った。 仕事先の先輩はかなりカウボーイ気味の人で、まったくついていけなかった。カウボーイにもガンマンにもなれず、牧羊犬に追い立てられる子羊のように翻弄され、歯が立たずにクビとなった。 意思の疎通すらできず、凡ミスを繰り返した。 プログラミングスキル不足だけではなく、僕はADHDとか何かではないか、とすら疑っている。 仕事中は神経を常にすり減らしており、毎朝起きると心臓が不安でバクバクと鼓動していて、これじゃブラック企業に勤めていた5年前とまるで同じだった。

とはいえ、こんな悪夢のような仕事も7月末で終わる。 まだまだ技術者は売り手市場のため、次の仕事もすぐに見つかりそうだ。 ただ、次の仕事は、今よりももっと慎重に、うまくやらなくちゃいけない。 ひたすら、金を稼がないといけない。今は。

広告を非表示にする